ウェーブアイロンを徹底比較して自信を持っておすすめできるものを選びました♪

ウェーブヘア

学校や会社の都合でパーマをかけることができない人でも、お休みの日にはウェーブヘアまたは今人気の髪型ワッフルヘアにしてイメージチェンジを楽しみたいそんな方に♪

 

女子高生からOLまたはメンズの方でも、、またフラダンスなどで使いたいまた子供のダンスの時にウェーブにしたいっていう方、そのほかには髪型がショートやボブといった方でも簡単にスタイリングできるんです♪

 

『あこがれのヘアスタイルにしたい!』あなたにとってウェーブ・ワッフルヘアが自宅で簡単にできるんです♪

 

今ではほんとにお手頃な価格でかなり良い性能ウェーブアイロンが販売しています。美容室でやってもらうよりも正直、断然安く出来るんですよ♪

 

という私も娘のダンスの発表会のときにウェーブアイロンを使ってワッフルヘアにしてかなり愛用していますよ。女子会やデートなどで注目の的になること間違いなしですね!

 

当サイトは、楽天やアマゾンからその他の通販サイトの口コミやレビューといったものを時間をかけてしっかりと調べて安いものから人気かつ性能のいい髪が傷みにくいウェーブアイロンをおすすめしています。

 

初心者でも簡単にウェーブ・ワッフルヘアになれる商品を選んでおりますのでぜひご利用下さい。

ウェーブアイロンランキング

HAIRIS《ヘアリス》ツインウェーブヘアアイロン30mm

プロが監修しているウェーブアイロン。値段も安いし、機能も充実しているウェーブアイロンです♪しかも30日返金保証付だから試しにっていうのもいいですね。さらに送料無料だから余分なお金がかからない♪

 

>><HAIRIS ツインウェーブヘアアイロン> の詳細は


ツヤプロウェーブ26mm/32mm

さらにゆったり巻きたいという方にはいいかも!32mmなんでかなり大きいウェーブが作れますね♪またちょっと緩めにという方には26mmがいいかもですね。値段は他よりも高いけどかなり良い機能が充実していますよ♪

 

>>ツヤプロ ウェーブアイロン 26mm / 32mmの詳細は


トリプル 三連 ウェーブアイロン

楽天ランキングでカール用で2位にもなったことのある人気のワッフルアイロン♪使い方も簡単で21mmとビックサイズの25mmもあるのがいいですね♪

 

>>トリプル 三連 ウェーブアイロン 21mmの詳細は


実は簡単ウェーブアイロンでワッフルヘアをつくる

今女性から人気になっているヘアスタイルといえば、外国人風のゆるふわウェーブです。

 

人気のあるくみっきーBENIやその他多くの芸能人がしているウェーブ・ワッフルヘアを簡単に作れることができるウェーブアイロンは、とても便利なアイテム♪

 

モデルや芸能人がしていたことから、女性の定番のヘアスタイルになっていて、柔らかいクセ毛のような印象が可愛さを演出しています。巻き髪はロングヘアに向いていると思われがちですが、ゆるふわウェーブはショートヘアにも似合うヘアスタイルになっています。

 

ボーイッシュなイメージのあるショートヘアでも、ゆるふわウェーブにするだけで女性らしさを感じることができるので、普段とは違う雰囲気にしたい時にはピッタリなヘアスタイルでしょう。ゆるふわウェーブはパーマをかけなくても、自宅で簡単に作ることができます。ストレートヘアの人でも、気分転換ができたり、デートの時や特別なシーンに合わせて作ることができるので、覚えておきましょう。

 

ワッフルアイロンでの作り方

まず、ウェーブアイロンを使ってウェーブを作っていくのですが、髪の毛の量に合わせて、大まかにブロッキングをして髪の毛を分けておきましょう。ブロッキングをしたら、毛束を適量持ちアイロンで挟んでクルクルと巻いていきます。

 

少し時間を置いてからアイロンを下にスライドして毛先まで巻いていきます。この時、髪の毛をきつく巻きすぎると強いウェーブになってしまうので、ふんわりと巻くようにしましょう。アイロンを抜いた後はパーマをすぐに崩さずに、熱がとれるまで触らないようにしましょう。熱が冷めていく時に形状が記憶されていくので、すぐにウェーブを崩してしまうとせっかくつけたウェーブが取れてしまいます。髪全体を巻き終わったら、自然な流れになるように、髪の毛に空気を含ませるように少しだけ崩すと自然な雰囲気になりますよ。

 

あとは、ヘアスタイリング剤などでセットすれば完成です。とても簡単なので、ぜひ試してみるといいですね。

当サイトの人気記事ベスト3

当サイトの人気ベスト3記事です。多くの方が参考にしていますのでぜひご覧下さい。

 

きれいに巻くための上手な使い方、やり方とは

初めて使うのであれば使い方がわからないとなかなかうまくまくことができないこともあります。そんなときにちょっとしたポイントを使うことできれいに巻くことができますよ。

詳細はこちら


コテの太さ、何ミリがおすすめなの?

アイロンを選ぶときにコテの太さってどうしたらいいの?って迷いますよね。コテの太さは主に《19mm,26mm,32mm,38mm》と細いものから太いものまであります。あなたの髪型にあったコテの太さを選ぶことで思い通りの髪型にすることができますよ。

詳細はこちら


波ウェーブのつくり方

流行りの波ウェーブってどんな風に巻いたらいいかわからない方におすすめ!波ウェーブの簡単なつくり方などをご紹介しています。

詳細はこちら

髪が傷まないようにするためのワッフルアイロンの選び方

髪が傷みにくいワッフルアイロンを探しているのであれば、やはり安いものではかなかな機能としてそれを伴っているというものが少ないかもしれません。

 

アイロンを使っていると、いつの間にか傷んでしまうことがあります。傷んでしまえば元もこうもないので、傷めないように利用することを考えなければなりません。

 

髪が傷まないウェーブアイロンの特徴

コテの温度

高めの温度で短時間でセットできるものが良いとされています。髪が傷むのにはいくつかの原因がありますが、もっとも大きいのが熱によるダメージです。髪の毛の主成分であるタンパク質は熱にとても弱く、60度程度からダメージを受けてしまいます。そのダメージの度合いは温度によって差が出るものではなく、アイロンを当てている時間に左右されます。つまり、低温であっても長い時間当てているとダメージが酷くなりますので、高温でサッと済ませられるものを選ぶ必要があります。髪をストレートにしたりカールにしたりするのに必要な温度は160度程度だといわれているのですが、高い温度のアイロンを短時間当てれば髪に優しいので傷みが小さくなります。

プレートの素材

プレートの素材によっても傷み方や滑りやすさが違ってきます。滑りの良くないタイプを使用していると、髪への負担は大きくなります。チタニウムでできているアイロンは摩擦が少なく髪通りが滑らかですので負担が小さいタイプです。耐久性もありますので、一度購入すれば長持ちします。セラミックは熱が均等に伝わるタイプであり、熱が伝わるのが早いという特徴もあります。テフロンは加工がはがれやすいのが難点ですが、チタニウムよりも更に摩擦が少なく髪通りも滑らかです。温度以外にも、温まるまでの時間や髪通りの滑らかさといった点が重要になりますので、購入する前にはプレート素材をしっかりとチェックすることが大切です。

 

使い方にもポイントがあり、塗れている時に利用すると思い通りのヘアスタイルが作れると感じている人も多いようですが、髪を傷めないためには乾いた状態で使用することが大切です。水分が蒸発する時に髪の内部にある水分まで蒸発してしまい、それが傷みの原因になります。